Adaptive Planningを支えるサービス(ノンプログラミング)


以前サービスの全体的なことをご紹介しましたので、今回は個々のサービスについてお話したいと思います。
今回は「ノンプログラミング」について。

新規のシステム導入や既存システムからの乗換の際、最近よく頭を悩まされる問題として、クラウド型かオンプレミス型にするかの選択があると思います。

クラウドが今ほど浸透していない時期はオンプレミスでサーバーを新しく購入したり既存のものを使用したり、保守運用に専門のシステム担当者をつけたり等の環境整備が当然でした。
そこにクラウド型というサービスが出てきてオンプレミスとは逆のベクトルの有用性をもたらすことになりました。
クラウド型の台頭により初期費用という面でユーザーの選択肢は広がりましたが、恩恵はそれだけでなくシステム面での有用性もまた注目すべき点だと思います。
システム導入、運用に関してプログラミングの知識が必要ないという点は思った以上に重要です。

今まで導入の際や運用中の変更事項などシステム担当者を通じておこなわなければならなかったことを自分で理解して対処できるようになることは費用的な面でもスピード的な面でも大きく変わってきます。

もちろんクラウド型が全てにおいてオンプレミス型に勝っているというわけではありません。
カスタマイズ性の高さやセキュリティリスクの低さ等はオンプレミスの方がメリットは大きいといえます。
ですので、よりメリットの大きい方を選ぶことができれば良いかと言ってしまうと元も子もないのですが…
クラウド型もひとつの選択肢としては十分に成長してきているものではないかなと思います。

サービス
http://予算管理.biz/service/

関連記事
Adaptive Planningを支えるサービス(コンサルティング)
Adaptive Planningを支えるサービス(トレーニング)
Adaptive Planningを支えるサービス
Q.「Adaptive Planning」とは?