ピンポイント使い方講座第2回


Adaptive Planningピンポイント使い方講座第2回は「シートの作成方法」についてです。

20160920_0
実現したい機能によって選べるシートが3種類ありますが、今回は一番基本的な「標準シート」の作成の流れをご紹介します。
まずは管理画面で「標準シートを作成」を選択します。

20160920_1
シート名をつけます。
後でも編集することが可能ですが、ここでは「損益計算書」とします。
シート名が決まったら「次へ」

20160920_2
ここではシートに表示したい科目を編集します。
画面右側に登録してある科目が一覧で表示されています。タイプによるソートや科目名の検索もすることができます。
基本的な科目は最初から登録してありますが、必要な科目がない場合、自分で追加することができます。そのあたりはまたの機会にご紹介したいと思います。
この画面では「売上」の科目を選択して「グループに追加」したので左側の科目表示のところに「売上」科目が追加されています。

20160920_3
一通りの科目が追加できました。
タイプのところに「メトリック」と表示されていますが、このメトリックというのは数式を設定している科目のことで、左側の表示にも「Metric」と表示されています。
例えば「売上総利益」科目には「売上-売上原価」の数式が設定されています。これは「メトリック科目の編集」で行うことができます。

必要な科目を選択し終わったら「次へ」

20160920_3
次に属性の設定画面になりますが、今回は特に設定することはないので割愛して「次へ」進みます。

20160920_5
この画面ではシートを開いた時の初期状態について設定することができます。
ここも後で設定することができるのでひとまず「次へ」

20160920_6
このシートで使用する組織についての設定です。
下層(この場合は「東京第5営業所」)等にチェックを入れた場合、それより上位の階層にも自動的にチェックが入るようになっています。
組織の選択が完了したら「シートを作成」

20160920_7
「損益計算書」シートの作成が完了しました。
まだ数値は入っていませんが、表示されている科目、組織について確認してください。
メトリック科目のセルについては数式が設定されていることを示す紫色の三角が入っていることも確認してください。

それでは今回の「シートの作成方法」についてはこの辺で。

ピンポイント使い方講座リンク
ピンポイント使い方講座第5回
ピンポイント使い方講座第4回
ピンポイント使い方講座第3回
ピンポイント使い方講座第1回