管理会計と財務会計の違い


本日は予算管理についてということで、管理会計と財務会計の違いについて取り上げていきたいと思います。

まずは管理会計と財務会計が何かというところからですが、どちらも企業の財務状況を示しています。

では二つの違いは何かというと、

目的の違い
財務会計=外部に公表する資料を作成することが目的
管理会計=内部向けの現状把握、分析、経営判断のための指標となる資料を作成することが目的

作成資料の違い
財務会計=損益計算書、貸借対照表、キャッシュフローなどの財務諸表
管理会計=事業計画書、中長期計画資料、取締役会資料など経営層向け資料

方向性の違い
財務会計=過去の実績に対する報告
管理会計=過去だけでなく未来に対する指針

外部向けか内部向けかというところが大きな違いです。

財務会計は外部向けなので、誰が見てもわかるように書式や科目を統一する必要があります。
管理会計は内部向けなので、必要な情報をまとめることが最重要です。科目に決まりなどもありません。

同じ企業会計でも活用の目的や方法も大きく異なってくることがおわかりいただけたと思います。
簡単なご紹介ですが今回はこの辺で。

予算管理記事リンク
見込と見通し
予算と実績
予算の作成
予算の種類
そもそも予算管理ってなに?